GOTO Artist In Residence 2021 | 大西健太郎

onoishi kentaro

GOTO Artist In Residence 2021:大西健太郎

GOTO Artist In Residence (GOTO AIR)2021年の最初のアーティストは
大西健太郎さんです。
近況としては、東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連プログラムの
TURN茶会 においての『手レよむダンス「東京ひっそり」』のプログラムディレクターを
務めるなど、様々な人たちが行き交う路地・障がい者施設の利用者さん・そして世界!
緩やかに楽しく人を巻き込む活動を誠実に継続しているアーティストです。

9月から五島と東京を繋いで「リモート版 ぐるぐるミックス」をSlow Cafe たゆたう。で開催していますが、
大西さんがメインの講師を務めています。

滞在期間は、2021年10月30日(土)〜 2021年11月4日(木)

滞在期間中にまさかの!!「ケンタロウお兄さんナマぐるぐるミックス in GOTO」が!!!
詳細は後ほど!!


大西 健太郎 | Kentaro Onishi

ダンサー。1985年生まれ。
東京藝術大学大学院先端芸術表現科修了後、東京・谷中界隈を活動拠点とし、
まちなかでのダンス・パフォーマンスシリーズ「風」を開始する。
その場所・ひと・習慣の魅力と出会い「こころがおどる」ことを求めつづけるパフォーマー。
2011年に東京都、公益財団法人 東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京と「一般社団法人 谷中のおかって」の共催によるこども創作教室「ぐるぐるミックス」の立ち上げより、ファシリテーター、統括ディレクターを務める。2014年より「風と遊びの研究所」を開設。板橋区立小茂根福祉園にて他者との共同創作によってつくり出す参加型パフォーマンス「『お』ダンス プロジェクト」を展開。
2018年南米エクアドルにて「TURN-LA TOLA」の参加アーティストとして、地域住民と共同パフォーマンス
「El Azabiro de La Tola」の公演をおこなう。

http://kentaronishi.wordpress.com

Scroll to top