<延期>Summer Art Camp in GOTO  featuring ANTIBODIES collective

東京都の非常事態宣言など、新型コロナウイルス蔓延の状況を鑑みて、こちらのプログラムを延期とさせていただきます。

新型コロナウイルスに対する国の方針が改善された際に再び開催をいたします。 

 

五島 海のシルクロード芸術祭 2021 関連プログラム
「Summer Art Camp In Goto」
五島でアートキャンプを開催します!

日本だけでなく世界で活躍するアーティスト集団  ANTIBODIES Collective (アンチボディズコレクティブ)の皆さんが8月13日から15日の間に五島の各地でとりおこなわれる五島の伝統芸能である念仏踊りの「チャンココ」をリサーチします。

そのリサーチをもとにオリジナルの衣装を作ったり、新しいチャンココをみんなで考えます。

そして、夜は楽しいバーベキューパーティ!そして、キャンプファイヤーをしてディスコ大会で、新しいチャンココを踊りましょう!

小学校3年生以下のお子様は保護者の方とご一緒での参加をお願いします。
たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

ANTIBODIES Collective のプロフェッショナルなダンサーや音楽家と
楽しく体を動かしたり、衣装を作ったり、音楽で踊ったり。
新しい五島の念仏踊り「チャンココ」を作ったりしましょう!
バーベキューパーティーの後はキャンプファイヤーで踊りましょう!
大人も子供もみんなで楽しく過ごしましょう!

ワークショップの詳細

日程:8月16日(月) 17日(火) 未定 ※

場所:さんさん富江キャンプ村

参加費:おひとりさま¥5,000
親子参加 ¥7,000(お子様が小学校3年生まで・3歳以下無料)
別途 保険料¥250がかかります。

参加費に含まれるもの:16日の宿泊・16日の昼食・夕食(バーベキュー)、おやつ
17日の朝食・昼食・全てのワークショップ

対象:主に小学生以下の子どもとその保護者
(内容は子ども向けですが大人の方も参加可能です)

定員:40名(予定)

プログラム

8月16日(月曜日) 未定
9:30:集合 【集合場所】富江さんさんキャンプ村(海水浴場前の桟敷)

9:45〜:朝のプログラム
    A  オリエンテーション
    B  こころとカラダをつなげるDANCEワークショップ vol.1
12:00:昼食
13:00〜:昼のプログラム*途中、休憩(おやつ)をはさみます。
      C  音楽×ダンス〜いろんなリズムの音楽で踊ってみよう〜
      D  チャンココを踊ってみよう! 衣装づくり!
17:00  フリータイム 18:00
18:00~ E  夕食(BBQ)・キャンプファイヤー&チャンココDISCOパーティ
19:30  入浴→就寝準備
21:30   就寝・消灯

8月17日(火曜日) 未定
7:30   起床
8:00  朝食
9:00  お部屋・荷物の片づけ(チェックアウト)
10:00 施設のお掃除
10:30  F  こころとカラダをつなげるDANCEワークショップ vol.2
12:00  G  終わりの会+ふりかえりトーク
     昼食+ふりかえりトーク終了後(13:30ごろ)、自由解散

■お問い合わせ ・お申し込み

入力フォームはこちらから

 

スマートフォンなどの方は右のQRコードを読み込んでください antiboform

 

  ● 一般社団法人 ANTIBODIES collective (制作:滝村)
Tel : 080-4821-6545  E-mail :  contact@antibo.org

  ● Slow Cafe たゆたう。 Tel : 0959-88-9444    E-mail : tayutau510@gmail.com

メールでのお問い合わせはこちらから

 

ANTIBODIES Collective

芸術家、技術者、教育者など様々な分野のスペシャリストたちの集合体(Collective)である ANTIBODIES は、様々な鍛錬やフォーカスがダイナミックに関わりあうコラボレーションの形 態を発展させていく為の環境を創り出し、そこに蓄積された体験をパフォーマンス・イベント、コミュニティ・ワークショップやアウトリーチといった行為へと結びつけ、市民社会や教育、福祉の現場へと接続していくための運動体です。
「抗体」を意味するその名の通り、個人と社会の 関係性に動きと変容をもたらし、それぞれが「心と体」の問題と向き合う能力を活性化していく ことを掲げています。

カジワラトシオ | Toshio “Bing” Kajiwara

90年代初頭のNYで磁気テープやSPレコードを多用した独自のパフォーマンスを開始し、
クリスチャン・マークレイとの世界ツアーや、ジョン ゾーン監督の先鋭的なスペース・TONICで、
PHONOMENAを企画運営し、即興音楽家として活動。
また老舗A-1 Record Shopの店長として、忘れられた音楽の発掘と再評価に貢献する
帰国後は「Dance Company BABY-Q」の演出・音楽 を担当、国内外にて舞台作品を多数発表する傍ら、
BING名義ではパフォーマンス、「HE?XION!TAPESも立ち上げ、CDリリース、
イベントプロデュースも手掛ける。

東野 祥子 | Yoko Higashino

90年代後半より舞台芸術から音楽シーンなど様々な形態にて身体性を駆使した作品を発表。
現在は舞台芸術を創造する様々なアーティストの集合体としてANTIBODIES Collectiveを率い、
国内外の劇場ワークショップなど活動は多岐に渡る。
また個人でも教育・福祉施設への地域活性活動も積極的に参加。
ʼ00 ~ʼ14年「Dance Company BABY-Q」を主宰。ʻ15年に「ANTIBODIES Collective」を結成。
トヨタコレオグラフィーアワード、横浜ダンスコレクションソロ・デュオ〈Competition〉など受賞。
全日本ダンストラック協会会長。

アシスタント: ケンジルビエン、吉川千恵、加藤律
影絵 : 諏訪裕美

Scroll to top